薄毛対策の食事での栄養の摂り方

薄毛には育毛剤やマッサージだけで対策をする人がいますが、他にも食事の摂り方にも気をつけることが大切です。髪の毛は90%以上がアミノ酸からなるたんぱく質、脂肪、水分で構成されています。髪の毛にはケラチンという硫黄を含んだたんぱく質が含まれていて、硫黄を原子とするアミノ酸を含んだアミノ酸を含んだたんぱく質を多く摂取すると髪の毛に早く変化します。脂肪物の多い肉類ばかり食べていると血管を詰まらせて薄毛の原因となるため、脂肪分が少なく、たんぱく質が多く、硫黄を含んだアミノ酸のたんぱく質を摂取することがおすすめです。

↑PAGE TOP